2008年09月24日

奇跡再来

DREAM.6

60億分の1 ヒョードル

DREAM.6へ行ってきました。もはやライフワーク。
前回の奇跡的大握手大会に遭遇したわれわれとしては、もはやちょっとやそっとのことでは興奮しないと思っていました、、、、が。。。珍しく開場時間にゆとりをもって会場に到着してみると、人だかりが。聞けばグッズ購入を条件に60億分の1の男、最強皇帝エメリアーエンコ・ヒョードル様と握手ができるというではありませんか!さらに、川尻、石田の両選手とも!!そこから先は詳細な記憶がありませんが、気がつけば選手の前に。固い固い握手と、手のひらに重い重いパンチをいただきました。最強の拳は、思ったよりも柔らかく、しかし、たくさん人を殴ってるんだろうなぁ〜という強さを感じさせる感触でした。
終了後、腰が抜けるのと同時に、全身の間接が痛くなるくらいの興奮を感じました。


試合内容もなかなかすばらしいものでした。
大会全体の雰囲気、感情移入具合はまだPRIDEに及ばないものの、試合のレベルの高さは毎回驚かされます。
ジャカレイは調子がよすぎてしまった感じがします。動きがキレ過ぎてて一瞬の隙をつかれたようです。チャンピオンになってほしかったがムサシもすばらしかった!オーラ的にまだチャンピオンの雰囲気が出ていませんが、逆にベルトがそこを変えていってくれるでしょう。楽しみです。
青木も安定感抜群で安心して見てられました。
船木-ミノワマン、よかったと思います。いい香りのする試合でした。
ミルコ-アリスター、ざんねん。決着見たかった。

山本篤、試合後のコメント「手抜いてました」に怒り心頭。それに輪をかけた山本KIDの「実際そうだったよね」にさらに怒り心頭。観客に対しても、相手選手に対しても、大会スタッフに対しても、これまでPRIDE、DREAMを引っ張ってきた選手に対しても、全員に対して失礼です。勝敗とか試合内容(大したことなかった)とか関係ないです。あの発言は、秋山のやったこと以下だと思います。
最高の才能を持った人たちが、最高の努力をした結果、奇跡的な感動が生まれる、ファンが求めるはそんな夢だと思います。
今後KRAYZY BEE系の選手は応援したくなくなりました。残念。


------
いろいろと、不快な思いもありましたが、どうしょもなく楽しいのは相変わらず!!
次回が楽しみ!


posted by HRNB at 22:51 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然
この記事へのコメント
2枚目の写真の方が豹$さんなんでしょうか?
Posted by kinu at 2008年09月27日 20:02
ヒョードル皇帝閣下です。Fedor Emelianenkoです。
現在の格闘技界の答えです。

ヒョードル本人は「まだまだ私は完全ではない。学習すべきことはたくさんある。それがおもしろくてしょうがない」と発言。

神は更なる高みに。。。
Posted by はら at 2008年09月29日 01:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。